So-net無料ブログ作成

[LiveReport] Moon Rabbits@町田Vox [バンド関係]

0620_top.jpg

昨日のライブ、
ご来場の皆さん、ありがとうございました!
出演者の皆さん、オツカレサマでした!

出演が決まったのがライブ本番の1ヶ月前ということで、
急ピッチで仕上げたのですが、
元来がシンプルなロックンロールナンバーばかり、
またセッションでも散々絡んでいるメンツということもあり、
そこそこの演奏ができたのではないかと思います。
何と言っても客席の皆さんの盛り上がりがしっかりとステージまで伝わってきて
それにノせられて突っ走ったという感じでしょうか。
改めて大感謝です。

実はこのバンド、
元々4月くらいにはオファーもらっていたんだけど、
異動したばかりで仕事も忙しく、土日にバンド活動する余裕があるかどうか
分からないということで、
イカすメンバーに未練を持ちつつ一回断ったんだけど、
巡り巡って5月に再オファーが。
そのときには仕事の具合も分かってきてたので、OKして始めたんですが。
結果的には大成功でしたねー。

社会人でのバンド活動はかれこれ7年くらいやってますが、
実はバンドメンバーがオール男というのは今回が初めて!
男だけってのもいいですね。スタジオもスタジオ後の飲み会も楽しかったー。
一応、企画バンドという位置づけですが、
また何かの機会に集まってやりたいですねー。>メンバー各位

==

セットリスト&解説です。(原曲のYouTubeも一緒にどうぞ!)

1. GET OVER IT / EAGLES
 http://www.youtube.com/watch?v=L3ORwO5xDUE

いきなりノリノリ(死語)のロックンロールナンバーでご機嫌伺い。
イントロのギターソロで歓声が上がったのは気持ちよかったですが、
ステージ独特の雰囲気に呑まれ、ちょいと焦って失敗続出。
一見簡単そうな曲ですが、細かい部分で気にするところが多く、
もっと追い込んで練習しておくべきだったなぁ~。


2. PAN / JIMMY EAT WORLD
 http://www.youtube.com/watch?v=N7bMl6lFf5g

僕が加入後に追加してもらった曲。
結構最近のバンドの曲ですが、
僕が知ったのはヒムロックのカバーバージョンです。
残念ながらYouTube映像はなかったですが、コッチもカッコいいです。
アルバム「In The Mood」に収録されてますのでチェックしてみて下さい。
疾走感があり、それでいてメロディアスなロックナンバー。
2番Aメロのギターフレーズとサビのハモリが気持ちよかったー。


3. SHINE / MR.BIG
 http://www.youtube.com/watch?v=mFKgU18Tykc

原曲のバンドバージョンではなく、アコースティックバージョンをコピー。
YouTube見ながらコピーしました(笑)。YouTubeバンザイ。
男3人でのハモりでしたがどうでしたかね。
一部微妙なところもありましたが。
慎太郎のベースソロもなかなかいい味出してます。


4. CRYIN' / AEROSMITH
 http://www.youtube.com/watch?v=x2I4mZQmJMU

1年位前かな、AMPセッションでやりましたね。
そんときはギターワタクシ、Vocalやまちゃん、Drumsダイチで
今思えば今回のバンドの原点なのかな。
やまちゃんのハーモニカ、サビのブレーク等見所沢山。
アルペジオはBOSS BD-2による軽めのクランチを使いましたが、
マーシャル&レスポールと相性バツグン。


5. Moon Rabbitsのテーマ ~メンバー紹介

今、勝手にタイトル付けました(笑)
メンバー紹介コーナーが無いことに気付き、本番2回前のリハとかで
急遽追加、ってっか、A--- D-A- EDAE の
定番ブルースコード進行なだけですが・・・。
やまちゃんのアドリブが良い感じ。


6. BASKET CASE / GREENDAY
 http://www.youtube.com/watch?v=SoXl6ItEC5c

これも僕がリクエストした曲。
何で今更こんな定番の曲を・・・というのも理由がありまして。
川崎フロンターレの試合で、ゴールするとこの曲の替え歌が歌われるのです。
コチラもYouTubeをどうぞ →http://www.youtube.com/watch?v=scnlZ-d0Ouc
今回、このライブとフロンターレの等々力での試合がダブってしまって
泣く泣く観戦を断念。
(ホームのリーグ戦欠席は一年ぶりでした・・・)
ということで、町田から川崎に念を送るという意味でやらせてもらいました。
ちなみに衣装の水色のTシャツもフロンターレファン感謝デー記念Tシャツです。
※フロンターレは2-0で大分に快勝!


7. RESCUE ME / BUCKCHERRY
 http://www.youtube.com/watch?v=YugNWEVckWY

最後を締めたのも、ロックンロールな一曲。
2番のサビからギターソロに繋がる展開が最高に気持ちいい。
やまちゃんの本領発揮ですな。


==

観客にはいつも見に来てくれるサークルの仲間だけでなく、
会社の先輩&後輩の姿も。
こうやって会社の姿とは違う一面を見てもらえるのも
なかなか嬉しいものです。
会社ではそんなにロックな人間では無いですからね。
好評のようでよかった。

観客席の前方でコブシを上げて盛り上がってくれた
コールリーダー(笑)の方々にも大感謝。
しっかりビデオに写ってます(笑)。
予想以上の盛り上がりでメンバー一同大感謝です。

そして、いつもながらビデオ撮影してくれて、
更に、、ギター2本に機材にカメラにビデオに・・・という大荷物のため、
行きは駅まで車で送ってくれ、帰りはギター1本を持ち帰ってくれた
奥さんに大大大感謝です。
いつもありがとう!
nice!(0)  コメント(18) 

ライブ前夜 [バンド関係]

またまた激務の一週間が終わり(多摩→横浜移動が週4回…)、
迎えたライブ前夜です。

ギターの弦張り替えて、ビデオ充電して、
カメラのレンズ準備して、衣装出してきて(Tシャツだけど(笑))、
ようやく落ち着いたぜ。

明日はレスポール(&アコギ)で登場しますが、
最後のおさらいは布袋モデルにて。
布袋のロックンロールスピリッツを両手から感じ取って
ライブに臨むとします!
#うーん、ぶっちゃけレスポールより布袋モデルの方が弾き易い(汗)

それでは、明日会える方、楽しみにしてます!

0613_07.JPG
OLYMPUS E-620 / ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6
Art Filter : Rough Monochrome
nice!(0)  コメント(15) 

[ライブ告知] 6/20@町田Vox ”Moon Rabbits” [バンド関係]

もう一週間を切ってしまいましたが・・・
ライブのお知らせです。

6/20(土)、いつもの町田Voxで
M沢さん&かと~兄企画のいつものAMPライブに出演させて頂きます。

==

6/20 (土)
at町田VOX
OPEN 17:00
START 17:30
ticket \1000 +(Drink \500)
 ※事前連絡頂ければゴニョゴニョ…致しますm(__)m

Band
1.メガ西遊記
2.Motegi Grosso
3.Tapestry
4.Moon Rabbits ★

==

我々「Moon Rabbits」の出番は19時40分だったかな?
企画バンドのクセにトリを努めさせて頂きます(汗)。。

メンバーは

 Bass:慎太郎 @うさぎ年ベース
 Vocal:やまちゃん @パワフルボーカル
 Drums:ダイチ @ドラ息子
 Guitar:ワタクシ @うさぎ年ギター

というなんともロケンロールなメンバーで、
曲も当然、ご機嫌なロケンロールをお送りします。

ここのところ、J-MY(昨年11月)やすぶぬる(今年3月)で
僕にとってはちょっとハードルの高い小難しい曲のバンドをやってきましたが、
今回は久々に純度100%のロックンロールです。
90年代以降くらいの洋楽のコピーが中心かな。

万障お繰り合わせの上、是非見に来てください!!
nice!(0)  コメント(13) 

OLYMPUS E-620 25mmF2.8&アートフィルター [写真・カメラ]

GWに購入はしたものの、なかなか持ち出す機会がありません。。
サッカー観戦はメインレンズであるEF300mmF4が使えるCanon機を持ち出しちゃうし、
その他のお出かけも何かと荷物が多く、
コンパクトサイズとはいえ一眼レフ、
鞄に入れるチャンスがなかなか現れませんでした。

とはいいつつぼちぼちスナップもたまってきたので、ここで一旦放出~。

レンズキットを買ったのですが、すぐさま一つレンズを買い足しました。
ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8、所謂パンケーキレンズです。

0508_07.JPG
コンパクトなE-620にベストマッチ!

0508_08.JPG
このアイコンはフォーサーズ規格の証。
撮像素子が35mmフルサイズの丁度半分なので、
レンズの焦点距離を2倍にすれば35mm換算となります。

0508_09.JPG
てなわけで、このレンズは25mm→35mm換算50mm相当。
何気ないスナップには最適。

0508_10.JPG
最短撮影距離は0.2mm、そこそこ寄れます。

※撮影:Canon EOS 30D / SIGMA 18-50mm F2.8

==

このE-620の特徴として挙げられるのが「アートフィルター」。
PC上のPhotoshopでやるような”アート”っぽいレタッチを
カメラ本体でやってくれます。
「そんなのPC取り込んでからやればいいじゃん」と思ってましたが、
いやいや、なかなか楽しい。
ライブビュー撮影(コンパクトデジカメのように液晶画面に写しながら撮影)で
その効果を確認しながら撮影できるのが良いです。

詳しくはオリンパスのサイトへどーぞ↓
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/e620/feature/index3.html


●ポップアート

0508_02.JPG
こんな感じで。かなりカラフルになります。

0509_05.JPG
こんなスナップもにぎやかな感じに。


●ファンタジックフォーカス

0508_04.JPG
ふわりとした不思議なフォーカス。花との相性が良いです。
あと、ポートレートにもよいです。
奥さん写してみましたがなかなか。公開しませんけど(笑)


●デイドリーム

0508_03.JPG
何気ない風景が映画の1シーンのようになる、、が触れ込み。

0508_06.JPG
結構お気に入りのフィルターです。


●ライトトーン

0613_02.JPG
明暗のある被写体に最適。
通常撮影だともっとシャドーがつぶれるでしょうね。お見事。
これ、25mmF2.8、SS=1/5。ボディ内手ブレ補正はかなり粘ります。


●トイフォト

0508_01.JPG
最近流行のトイカメラ風の写真の出来上がり。
ま、これっくらいなら、GoogleのPicasaで一発で出来るかな。


他に「ラフモノクローム」というシブい白黒写真が撮れるフィルターがありますが、
これは何気に難しい。
作例を見ると、誰でも簡単にカッコいい写真が撮れそうな感じがするんですが、
相当センスを問われるようです。
被写体も選びそうです。ニューヨークの街とか似合いそうだなぁ。
ということで適当な作例がないのでこれはパス。


そんな感じで楽しんでますー。
nice!(0)  コメント(24) 

マックのコーヒー [食す]

職場のすぐ隣にマクドナルドがあります。
コーヒー120円。おかわり自由。
一日一回買って、オフィスで飲んで、何回もおかわりしに行ってます(笑)
昨日は飲み過ぎてキモチ悪くなった。。

さ、週末まであと1日。ガンバロウ!

0509_06.JPG
GW、町田のグランベリーモールのマック@奥さんの買い物待ち にて。
OLYMPUS E-620 / ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8
 →キヤノンのカメラとは一味違う、なんというか味のある絵を出しますねー。
nice!(0)  コメント(16) 

[LiveReport] HOTEI GUITARHYTHM V TOUR @YOKOHAMA [BOOWY]

14年ぶりに復活したギタリズムプロジェクト、
ライブに行ってきました。

最新作「GUITARHYTHM V」収録曲ももちろん楽しみだったのですが、
それ以上に期待していたのがかつてのギタリズムの楽曲たち。
88年のファースト・ギタリズムから始まり、
(COMPLEXプロジェクトを間に挟み)
91年「2」、92年「3」、94年「4」と立て続けにリリースされた
アルバムに収録された楽曲が久しぶりに聞けるということで、
僕のみならずファンの期待は高まるばかりでした。

4月末のツアースタートから一切の布袋関連情報をシャットダウンし、
どんな曲がセットリストに並ぶか、事前情報まるで無しで
ライブ会場である神奈川県民ホールに向かいました。

言うまでもないことですが、「最高!!」でした。

セットリストは後述しますが、
前半は「5」の楽曲、
そして後半は「4」→「3」→「2」→「1」と
タイムマシンに乗るように、その時代の楽曲を遡っていく構成。
それぞれのアルバムの時期に、それぞれの思い出があり、
その思いに浸るだけで感無量です。

そもそも88年の「1」から94年の「4」、
正確に言えば、95年1月にリリースされた「POISON」までが
ギタリズムプロジェクトの期間なのですが、
まさに僕がティーンネイジャーだった頃です。
中学1年で本格的にロック音楽を聴くようになった頃に「1」を聴き、
ギタリズム4の終了は大学1年、
一番音楽的に多感だったまさに十代の頃に何回も何回も聴いてきた
楽曲たちです。興奮せずにはいられません。

「俺たち、あの頃のように今も輝いているかな?」
布袋さんもMCでこう言ってました。
僕が十代の頃に輝いていたかどうかはよく分かりませんが(笑)、
もう忘却の彼方にある、あの頃の風景や気持ちが
フラッシュバックしてきたのは間違いありません。
クラスメイトとアルバムを貸し借りしてあれこれ言い合ったこと、
初めて名古屋で「2」のライブを見たときの興奮(男が95%でした)、
中三で黒のテレキャスターを初めて手にし、鏡に映った自分にうっとりし、
布袋に一歩近づけたような気がしたあのとき、
そんなこんなです。

ギター一本、会場のみんなで歌った「さらば青春の光」。
二番の歌詞、涙が出そうになりました。


さらば青春の光 今では俺もお前も
自分を捨てた振りして 人の波に紛れてる
泣いたり笑ったりして 手に入れた思い出さえ
いつの間にか色褪せて 寂しそうに眠ってる

もしも毎日が幸せだらけなら
きっと我慢できないはずさ
何かを探しに生まれてきたから Uh

何もかも捨ててしまえ そして生まれ変わるのさ
全ては明日の夢に導かれた物語
全ては明日の夢に導かれた物語
全ては明日の夢に導かれた物語・・・



~セットリスト~


GUITARHYTHM RETURNS
5


INTRO~Welcome to G.V~
5

1
DECALOGUE
5 リズム隊最高。
2
SCIENCE KILLED THE FUTURE
5
まさに近未来R&R、 ウッフー♪
3
SUNSHINE OF YOUR LOVE
5
クラプトンもびっくりの未来ヴァージョン
4
風の銀河へ
5
客席からコブクロの小渕パートを歌いました(笑)
5
TiC TaC
5
このおもちゃ箱のような曲をライブでやるとは!
6
VICIOUS BEAT CLASHERS
5
体でノれ!踊れ!
7
天空のDIVA
5
幻想的
8
アストロノーツ
5
5の代表曲はこれでしょう

TIME HAS COME 4

9
SERIOUS? 4
あー、SERIOUSツアーのオープニングと一緒!
10
SURRENDER 4
単音ギターソロにはいつも通りの歓声が

MILK BAR P.M.11:00 3

11
UPSIDE-DOWN 3
そろそろ頭のネジが外れてきた
12
さよならアンディ・ウォーホル 3
アートと近未来とロックンロール。まさにギタリズム
13
DIVING WITH MY CAR 3
♪愛してるから俺は狂った
14
ROCK 'N' ROSE 2
まさかの選曲!最近リピートしまくりです
15
BEAT EMOTION 2
サビは会場全体でハモリまくり
16
PRISONER 2
これも懐かしい!

LEGEND OF FUTURE 1

17
C'MON EVERYBODY 1
間奏のジャンプはいつも以上に飛びました
18
GLORIOUS DAYS 1
あ・・・目から汗が・・・ ♪We walked street of Yokohama
ENCORE-1


1
さらば青春の光 4
俺の青春はいつだったのか、、
2
MERRY-GO-ROUND 2
あーもうだめ。体力持たん!
3
DANCING WITH THE MOONLIGHT 1
相変わらずこれのギターソロは最高です
ENCORE-2


1
LONELY★WILD 3
♪生き抜いてやれ昨日と明日の間
2
FLY INTO YOUR DREAM 2
2の白にピンクラインの衣装を思い出します。


<その他トピック>

・ツアーメンバーは
  Ba:ナスノミツル、Dr:ザッカリー・アルフォンゾ
  Per:スティーブ衛藤、Computer:岸利至
 シンプルな構成です。
 ギターは布袋一人。バッキングからソロまで一人で弾きこなしてました。
 音の薄さが心配でしたが、かえってギターの音が明確に響き良かった。
 機転を利かせた岸さんのサポートもよかったし、
 久々復活のザックのタイトなドラムと、
 昨今布袋組レギュラーのスティーブのパーカッション、
 重厚でパワフルなリズムは、まさに「GUITAR+RHYTHM」。

・MCも饒舌。
 完全予約販売の布袋柄ZO-3の宣伝とかしてました(笑)
 もちろん「買い!」です。
 ZO-3持って客席からリクエストを募る。
 「SUPERSONIC GENERATION」「Marionette」、おーいい音。

・体の線も幾分細くなり、ギタリズム時代を髣髴とさせるクネクネダンスも!
 あれを「2」のツアーで初めて見たときは衝撃的でしたが。

・僕的ツボは
 「5」コーナーのラスト「アストロノーツ」から「4」コーナーへの繋ぎ。
 「アストロノーツ」はステージ後部の高台で歌い、弾く。
 「♪お前がアストロノーツ」の後のCD通り「サー」というノイズ、
 大型ビジョンにつまみを触るように触れると完全に暗転、
 そこから「4」のオープニング「TIME HAS COME」が流れる。
 暗闇にシルエットが浮かび、やがてスポットが再び布袋に集まり、
 「SERIOUS?」がスタート!
 (ライブ見てない人には全くわからないか・・・(笑))
 この場面、94年の「GUITARYHTHM SERIOUS! CLIMAX」ツアーのオープニングと
 ほとんど一緒なのです。
 このライブを布袋史上最高のライブと位置づける僕にとっては
 感涙モノの構成!!
 レーザーディスクでしか持ってなかったこのライブ映像、
 帰宅後速攻でDVDをAmazonで購入しました(笑)


94年 GUITARHYTHM SERIOUS! CLIMAX TOUR より

・お供したのは若手布袋ファンのゆうみさん。
 なんでもスリル・ポイズンから遡り、
 「2」でハマったというギタリズムの申し子(笑)
 あのマニアックな作品に惹かれたというのは相当な感性の持ち主です!
 隣で僕以上に暴れてました(笑)


もう一回行きたい!
けど、、もうすぐツアーファイナル、関東の土日公演は無し、、
DVDを楽しみにしてます。


※横浜のオフィスから多摩の客先まで移動する電車の中で書き上げました(笑)

nice!(0)  コメント(39) 

祝:日本代表W杯出場決定! [サッカー]

mixi.JPG
mixiのロゴもお祝いモード!

とりあえずやりました。
が、4年前に比べると僕の中での熱中度があまりにも違い過ぎる。
※4年前→http://blue.ap.teacup.com/makoto29/270.html

予選を勝ち取っても本戦で勝てないと意味が無いことを
前回の大会で思い知ったからでしょう。
また、日常的にサポートするクラブ(川崎フロンターレ)の存在が、
4年の歳月で比べ物にならないくらい大きなものになってしまったのもあるでしょう。

まぁそれでも、まずは喜びましょう。
なにせ、決勝点のアシストは我らが川崎の宝、ケンゴのパスですからね!
(岡崎とケンゴ、ホントに相性いいわ。岡崎、、是非川崎へ・・・)

==

土曜日は布袋のライブ後に飲みに行ってたので
帰宅は試合が後半にさしかかったころ。
途中経過は見ずにHDDレコーダーで追っかけ再生して見ましたが。。
後半はほとんど寝てた(笑)
いくらライブではじけ過ぎ&いい感じにお酒が入った後とはいえ、
代表の試合で寝てしまうとはね・・・
長谷部&岡ちゃんの退場も全く見てません。
気が付いたら、試合終了、むっつりした岡ちゃんがインタビュー受けてました。
うーむ。
来年、きちんと応援できるのかなー。


本日はフロンターレのファン感謝デーに行ってきました。
暑かったー。
等々力のピッチレベルに降りれたし、若手選手にサインを色々もらえたし、
楽しい一日でした。
コチラのブログへどうぞ~
http://bluemagazine2.blog.so-net.ne.jp/2009-06-08
nice!(0)  コメント(27) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。