So-net無料ブログ作成
検索選択

宮古島旅行記(3/5)~島一周ドライブ [イベント・旅]

すっかり間が空いてしまいました。
日記というのもはばかれるレベル…
が、ブログの語源は「WebLog」つまり「ログ」なわけで、
記録を残すことに意義があると思います。
タイムリーさは欠けてしまいますが、自分的備忘録として書き綴りたいと思います。

さて、今回初めて訪れた宮古島。
沖縄本島から南西に約300キロのところにあります。
300キロといえば、東京名古屋くらいの距離なわけで、
同じ沖縄県といえども天気から何から違います。
※ちなみに石垣島は更に100キロくらい西。台湾のほうが近い感じです。

宮古島の面積は約160キロ平方メートル。
川崎市が140キロ平方メートルですから、ほぼ同じくらいか。
まぁ形が片や三角形(宮古島)、片や縦長(川崎市)で、全然違いますが。
これくらいの大きさなら車でグルリと回れば半日くらいです。
というわけで滞在3日目は島一周ドライブとしゃれこみました。
丁度島の海沿いをぐるりと道路が囲んでいるというのも好都合でした。

そうそう、島内の移動は全てレンタカーでした。
公共交通機関はほとんどなく、バスが数本あるくらいでしょうか。
(あまり見かけなかった)
それにしても地元民の車のスピードの遅いこと!
いわゆる「沖縄時間」というやつでしょうか。
そもそも道を走っている半分くらいの車が「わ」ナンバー、
つまりレンタカーだったわけなんですが。

==

miyako_23.JPG
まずはホテル付近からスタート。
大きな橋を渡りホテルの対岸の来間島へ。
海の向こうの真ん中あたりのちょっと赤っぽいのがホテルです。

miyako_24.JPG
この橋を渡ってきました。
すぐ下の海が綺麗!

miyako_25.JPG
渡ってきた橋を戻り再び宮古島本島へ。

miyako_26.JPG
ところどころ止まっては写真をパチリンコ。

miyako_29.JPG
途中、さとうきび畑のどまんなかにあるオサレのカフェにて休憩。

miyako_27.JPG
マンゴーパフェ~ 奥さんがペロリと。

miyako_28.JPG
僕はマンゴーレアチーズケーキなぞ。

miyako_30.JPG
南東の端にある名所「東平安名岬」です。

miyako_31.JPG
素晴らしい眺め。


miyako_32.JPG
南側に開けている大海。
地球が丸いことを実感できます。

miyako_33.JPG
灯台から振り返っての眺め。
南に張り出している箇所からなので向こうに見えるのが宮古島全体です。

miyako_34.JPG
これまたお店に立ち寄り。
海鮮風沖縄ソバ。
カップヌードルシーフード味のすっごいゴージャス版といった感じでした(笑)
いやいや、美味しかったですよ。

miyako_35.JPG
ビーチにも立ち寄り。
「砂山ビーチ」です。
坂を降りていくと目の前に広がる海!

miyako_36.JPG
ホテル前のビーチとは違い結構透明でした!
水中でパチリ。
(が、翌日もっと透明な海でシュノーケルをすることになり再度歓喜♪)

miyako_37.JPG
今度は北端の大橋です。池間大橋。
すっかり夕方ですね。

miyako_38.JPG
今度は「西」平安名崎。
「東」ほどのインパクトはなかったかな。

miyako_39.JPG
綺麗なサンセットを見るはずでしたが、、。
雲の向こうに太陽が隠れてしまい、残念。

一日がかりのドライブで結構疲れてしまい、
夕食は外食ではなく、スーパー(イオン)で買ったお惣菜を
ホテルで食べるというヘタレっぷり(汗)
nice!(0)  コメント(16) 

宮古島旅行記(2/5)~天気と海 [イベント・旅]

さほどアクティブでもスポーティーでもない僕については
あまり海というイメージは無いのではないかと思う。
日焼けとか縁遠そうだし。
でも、やっぱ青い空・青い海は誰もが美しいと思うもの。
都会のビルの暑苦しさに辟易していた昨今ということもあり、
宮古島に行った細大の目的は「海」だった。

ところがところが・・・
天気予報が思わしくない。
その前週までずっと晴れが続いていたのだが、
僕らが行く週は曇りと雨の予報のオンパレード。
旅行の一週間前からずっと宮古島の週間天気予報を見続けていたのだが、
まぁとにかく予報が変わる変わる。
晴れ間が出たと思ったら次の更新タイミング(一日数回)では雨になってたり。
雨の海というのもそれはそれで風情があるのかもしれないが、
やはり青い空に少しの雲、そしてその青が映り込んだような海に焦がれていた。
あまりにも予報がひどいので
「まぁリフレッシュが最大の目的なので晴れたら
ラッキーくらいの気持ちで行くぞ」と自分と奥さんを言い聞かせて
南行きの飛行機に乗り込んだのだが・・・。

実際ふたを開けてみれば、雨はほとんど降らなかった。
時々思い出したかのようにスコールっぽい雨が降り、
10分も経たずに止む、という感じ。
予報に反して晴れ間も多かったが、その南国特有の日差しの強さに
辟易してしまったくらい(笑)。

丁度台風7号が火曜日に接近、
那覇空港の便が大混乱していたのを、ホテルのTVで見ていたという
タイミングのよさ。
僕らの出発が一日遅れ、もしくは台風が一日前倒しになっていたら
宮古島に、いや沖縄にすらたどり着いていなかったかもしれない。
そして、僕らが横浜に帰った翌日の土曜日にも台風が発生と、
完全に天気は僕らの味方をしたようだった。

というわけで、雨に降られることも無く、宮古島の海を堪能できたのだが、
残念だったのは、台風の影響か、波が非常に激しく
ホテル前のビーチ「与那覇前浜ビーチ」はかなり水が濁っていたこと。
波が打ち寄せる度に美しさの源泉である細かい綺麗な砂が巻き上がるのだ。
眺める分には屈指の美しさであるビーチなんだが、
プールのように透明な・・・というのを想像していたのでやや肩透かし。
が、4日目に行った「吉野海岸」は素晴らしかった。
シュノーケリングの名所ということで、素晴らしい珊瑚礁。
台風などで波が強いと、逆に水が循環して透明度が増すとのこと。
(激しい波は珊瑚礁の手前でストップするらしい)

そして今回は防水のデジカメ「Panasonic LUMIX FT2」が大活躍だ。
元々雨のサッカー観戦用に導入したデジカメだったのだが、
水深5メートルまではOKということで、シュノーケリング時には
珊瑚や魚が綺麗に撮れた。
写真のみならず、ハイビジョンムービーも可能ということで
こちらもまたいい思い出を残すことができた。
うん、いい買い物をした。

南国のビーチと言っても色々特長がある。
目的に応じて島の各ビーチを渡り歩く、
これは今後の旅行でも活用できそうな手だ。
色々研究してみよう。

――――――――――――――――――――

8月30日(火) 与那覇前浜ビーチ

旅の目的「とにかくリフレッシュ」の一日。
朝はゆっくり起き、午前はビーチで、午後はプールでひたすら読書と昼寝。
夜は宮古料理に舌鼓、翌日以降動き回る活力をチャージできました。

miyako_10.JPG
綺麗な砂浜のビーチ、、という触れ込みでしたが、
ホテル前の遊泳エリアはまぁそれなりの混雑でした。

miyako_11.JPG
雲が多いと海の色もちょっと鮮やかさに欠けますかね。
こんな海を眺めつつ昼寝昼寝・・・

miyako_12.JPG
かようにちょっと背面から日が差してくると色が映えます。
波が激しいのが・・・。

miyako_13.JPG
防水デジカメということで海中まで携帯。

miyako_14.JPG
昼食はホテルのコンビニで簡単に。
宮古島のみんらず、沖縄おにぎりはこのスタイルでしたねぇ。
ボリュームあります。

miyako_15.JPG
プールサイドでごろごろしていると、スタッフの方が
「スイカ割りしたので、よかったらおすそわけどうぞ」。

miyako_16.JPG
100円ショップで買ったイルカも活躍しました(笑)

miyako_71.JPG
プールサイドに飽きたら再度ビーチへ。

miyako_17.JPG
海辺で大活躍のFT2君。
海で使った後はしっかり水道水につけて水抜きしないと。

miyako_18.JPG
ホテルの部屋から眺める夕暮れ。
雲さえなければなぁ。。。結局滞在中ずっと綺麗な夕焼けは拝めず。

miyako_19.JPG
夜は島の中心地に車で移動し、宮古料理を堪能。
島野菜の天ぷら。
奥さんは運転してくれないので、仕方なくシークワーサーのソーダ割り。

miyako_20.JPG
魚も美味しかったー。
ちょっと炙ったイカが美味。

miyako_21.JPG
定番ですね、ゴーヤチャンプルー。
とにかくダシの味がどんな料理にもついてくるのが
沖縄方面の料理のようです。
塩分控えめな一方、場合によっては味の素もバリバリ入れるとか。。
(ここのはわかんないですが)

miyako_22.JPG
店では飲めないので、コンビニでビール買ってホテルでゴクリ。
オリオンビール、TVでも普通にCMやってます。
ていうか、キリンやアサヒのCM全然見なかったぞ。
そういえばロッテの井口が出てたけど、彼って東京出身のはずだが。。
顔は確かに沖縄っぽいけど(笑)

nice!(0)  コメント(34) 

宮古島旅行記(1/5)~宮古島へ [イベント・旅]

昨年は異動やら出張やらで長期の休みを取りそびれた。
ちょこちょこと振休や有給を取って小旅行に出掛けたのみ。
今年も今年で担当していたプロジェクトが諸般の事情で右往左往してしまい、
いつまでたっても夏休みの予定が確定しないまま8月に突入してしまった。
が、突如のプロジェクト中断で、ようやく休みが8月最終週に決まった。

さぁどこに行こうか。
実はこれまでヨーロッパへ行ったことがなかったので、色々と画策していたのだが、
やはり出掛けるとなると、名所だメシだであちこちに動き回ることは必至。
仕事のあれやこれやでややお疲れ気味だった僕ら夫婦は
休養モードということで南の島方面へと方向転換した。
ハワイやアジアンリゾートも検討したのだが、
ハワイは予約が取れず、アジアは雨季のようであまりいい情報がない。
ということで、前から興味のあった沖縄の離島をセレクトした。

予約したのは宮古島。
オリックスのキャンプ地というくらいしか印象が無い。
島田紳介が民宿をやっているなんていうのを知ったのは予約した後だ。
直接的な要因は・・・
かの布袋氏が家族で訪れていた様子をブログに書いていたこと。(笑)
ブログにアップされた海の美しさに引き付けられてしまった、というわけ。
http://www.hotei.com/blog/2010/08/post-251.html

僕のほうで小さな旅行会社のプランをネット経由で予約。
現地でのプランは奥さん任せ。
我が家の旅行では、有能なコーディネーター・我が妻により
現地での行動がプランニングされるのが定番だ。
いやぁ、今回もバッチリ。
ただ、リクエストも少しだけさせてもらった。
「1日はホテルの前の海でずーっと寝ていたい」
何もしない、これぞ最高の贅沢。

――――――――――――――――――――

8月29日(月) 羽田→那覇空港→宮古島

前日、清水でのナイトゲームを
夫婦(+奥さんお父さん+いつもの仲間)で観戦、
帰宅が深夜だったということもあり、昼過ぎのフライトで出発でした。
那覇を経由することもあり、到着は夕方になってしまい、
この日は完全な移動日、ということで。

飛行機は右側の窓際で、羽田離陸後、ずーっと日本列島眺められた。ラッキー。
聖地等々力もバッチリ。
日産スタジアムもよく見えた。
サッカースタジアムが屋根が特徴的なので上空からでもよく分かる。

miyako_01.JPG
三浦半島。

miyako_02.JPG
分かるかな?芦ノ湖とその向こうに見える富士山。隠れてますが。

miyako_03.JPG
こちらは手前が沼津、の富士山。
7年前、新婚旅行の帰り、冬の晴れた空に見えた富士山は最高でした。

miyako_04.JPG
浜名湖~渥美半島~知多半島。豊橋です。
この後、紀伊半島を横目に太平洋上空へと。

那覇空港で乗り換え。
直行便にしとけばよかったなぁ。。
※ちなみに台風は翌日沖縄本島上陸。
 1日ズレてれば、全く動けなかったことになります。ラッキーでした。

宮古島到着。上空から見る島は思ったより大きなサイズでした。
レンタカーを借りて、ホテルへ向かう。その前に・・・

miyako_05.JPG
宮古ソバ。
等々力でもソーキソバ食べられるけど、やはり本場はウマイ。

miyako_06.JPG
ホテル到着後、プールサイドのバーへ。
ピナ・コラーダとスパークリングワイン。
ピナ・コラーダ。
村上春樹「ダンス・ダンス・ダンス」のハワイでのシーンで登場します。

ユキは僕のピナ・コラーダをごくごくと半分くらい飲んだ。
金魚鉢みたいな巨大なグラスに入っていたから、かなりの量があった。


この作品を十何回も読み返すほど好きな僕は、
こういう場所ではいつもピナ・コラーダを注文します。

miyako_07.JPG
バーの名前になっている「ムーン・シェル」という名前のカクテル。
可愛らしい名前と飾りつけに反して、なかなかキツい。。
まぁカクテルなんてのは女の子酔わせるための飲み物だからね。

miyako_08.JPG
ほぼ夜に到着したので、まだ海を見ていない。
明日が楽しみ。まずはプールのライトアップで乾杯。

miyako_09.JPG
こんなリゾートホテルにお世話になりました。


nice!(0)  コメント(32) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。