So-net無料ブログ作成
検索選択

30th ANNIVERSARY 第二弾 HOTEI THE ANTHOLOGY "威風堂々"TONIGHT I'M YOURS!~GUITARHYTHM GREATEST HITS & REQUEST~ [BOOWY]

布袋キャリア30周年アニバーサリーライブの第二弾。
2月の武道館では「BOOWY~COMPLEX~GUITARHYTHM」ということで、懐かしい曲を多数やってくれたわけですが、今回は「GUITARHYTHM~GREATEST HITS&REQUEST」。
91年リリースのギタリズム2のリリースから99年リリースのベストアルバム「GREATEST HITS」時代、90年代シリーズとなりそうです。
この時期、僕は高校生~大学生~社会人数年。
ライブに通い始めたのもギタリズム2の頃からですし、色々と思い出深い曲が多い時期です。
布袋自身も90年代中盤~終盤は「POISON」「スリル」「バンビーナ」のヒット曲に恵まれ、セールス的には一番だった頃でしょうね。
曲のクオリティもピカイチで(まぁ昨今の曲も悪くはないのですが)、まさに黄金期と言えるでしょう。

2月の武道館は本編がBOOWYパート・COMPLEXパート・GUITARHYTHM Iパートと完全分離して追っかけていく構成でした。
それを踏襲するならギタリズム2→3→4→King&Queen→SSG・・・となりそうですが、実は09年のギタリズム5ツアーでギタリズムの時系列追っかけは実施済み。
まぁ天邪鬼な布袋のこと、こちらが想定しているような単純な構成にはしないはずだろう、と思っていましたが、やっぱり!
下記セットリストを見ればわかるのですが、もうしっちゃかめっちゃか(笑)
タイトルにもある通り「リクエスト」と思われるBOOWY曲も含まれており、あれこれと忙しいステージでした。
が、振り返ってみると、凡そ3曲を単位にテーマを立てて構成していました。なるほどなー。
色々と目先が変わってみて見ている方は大変なライブでしたが、予定調和にならず楽しめました。

が、苦言を呈すとすると・・・
とにかく音響が酷かった!!
代々木第一体育館は04年のヒムロックライブでも参戦したのですが、そのときも悪かった。
2階サイドのスタンドということで場所も悪かったのかもしれまんが(04年も同様)、音楽の興行として金とっちゃいかんでしょう!というレベルでした。
音も小さかった。周囲の歓声や拍手に完全に押されてた。
#ギターソロのとき「オイオイ!」叫ぶのやめて欲しいなー。歌はともかく(笑)こちとらギターを聴きに来てるんだから!

あと、ドラムがなぁ。。
中村達也は確かにいいドラマーなんですが、90年代の布袋曲には全然合わないよな。
BOOWY曲はまこっちゃんのビートに慣れ過ぎているのでまぁ仕方ないにしても、90年代布袋ソングはもっとタイトに叩かないと。
ルーズだし、走るし、また音響の中でも特に酷かったドラムの音作りも。。
バスドラ変なリバーブかかりまくりだし、スネアの音がハッキリ出てないから、ノリ辛いことこの上なし。

セットリストはなかなか良かったのに、音響とドラムで大分減点されちゃった感じです。
・・・ま、気を取り直して、パートごとに振り返ってみることにします。


●とりあえず初っ端盛り上がろうぜ!
SE.Greatest Guitar Medley II
01.CHANGE YOURSELF!
02.スリル
03.IMAGE DOWN


メドレー第二弾は第一弾ほどのインパクトは無し。繋がりも微妙だったし。
キーを合わせるために原曲と転調してる曲が(1よりも)多く、違和感多々。
「チェンジ」「スリル」というオープニングは予想範疇内だったけど、3曲目にいきなり「IMAGE DOWN」!!
(ギタリズム~G.H.じゃないんかい!と思いつつ)盛り上がったなー。
布袋はギターに専念し、センターステージへ走りこみ弾きまくり。
この曲は他の曲のように右手人差し指一本でノルよりも、BOOWY時代のようにコブシでガンガンいくべきでしょ!
周りと同化せず、コブシでガンガンやってやりました。


●90's HOTEI
04.さらば青春の光
05.サレンダー
06.DIVING WITH MY CAR


ギタリズム4から二曲、ギタリズム3から一曲。
今でもよく登場する鉄板曲です。
「DIVING~」はこれまた布袋はギター専念&客歌う。
うーん、まぁ楽しいんだけど、歌も聴きたいところ。
それでこそ二番の「愛してるから俺は狂った」の大合唱が映えるってもんですよね。
まぁでも90年代の名曲達、やっぱり良いです。


●BOOWY SONGS with TERU!
07.BLUE VACATION
08.1994 -LEVEL OF COMPLEX
09.BEAT SWEET


Twitterがきっかけとなって実現したGLAYのVocal、TERUの参戦!
いきなり序盤で登場するとはビックリでした。
そしてこれまた渋い選曲、特に冒頭2曲。これはBOOWY好きのTERUのリクエストかな?
前回の武道館ではなぜか「JUST A HERO」からの選曲がゼロだったので、この曲たちはよかった。
両曲とも「CASE OF BOOWY」等のライブバージョンよりもアルバムのアレンジに近い感じでした。
TERUは06年にはヒムロックとも競演してるし、本当に日本一幸せなBOOWYファンでしょう。
同じファンとして本当に羨ましい限りです。
「BEAT SWEET」で布袋と2ショットで絡む姿はヒムロックを少し思い起こさせ・・・
まぁあそこまでオーラはないですが、やっぱりボーカリストとギタリストがガチで絡む姿はカッコいい。


●がんばろうニッポン
10.PROMISE
11.NOBODY IS PERFECT
12.DEAR FRIENDS


新曲「PROMISE」は震災を受けてのスピリチュアルソング。
近年にないストレートな曲ですが、メロディもアレンジも割と好きです。
しっかりメッセージも伝わってきました。
イントロとソロが素晴らしい90年台最後のシングル「NOBODY'S PERFECT」の後、布袋はステージサイドに引っ込む。
するとコーラスのJILLが語りだす。「布袋君とは30年来の友達で・・・」
始まったのはPERSONZの「DEAR FRIENDS」。ピアノを中心としたアレンジでしっとりと、それでいて力強く聞かせてくれました。
「この空の下にいる、全ての友のために」
僕は震災の被害にあった方で直接の友人はいないのですが、ベガルタのサポーターや東北に縁のあるあんな人こんな人を思い出して、思わす目頭が熱くなりました。
布袋のヴォーカルももちろん悪くないけど、やっぱ長年歌を生業としてきた人は説得力が違う。
素晴らしいパフォーマンスでした。


●センターステージで3ピース
13.CIRCUS
14.MERRY GO ROUND
15.POISON


感動的なパフォーマンスの後、おもむろにセンターステージに簡易的なドラムセットが組み立てられ、アップライトベースも準備される。
布袋はアコギを手にし、3ピースで3曲。
07年のFUNCKY PUNKY TOURでもこんなコーナーがありましたが、これはまた楽しかった。
この辺の曲はアコギ合いますね。メロディも布袋らしく掛け合いも多く、小休止的なコーナーながら会場は盛り上がります。


●いきなり近未来へ~そして最後の盛り上げ!
16.STARMAN
17.サイバーシティーは眠らない
18.HONKY TONKY CRAZY
19.CLIMB


さぁ、本編ラストに向けて。
アコースティックコーナーが終わると、次はいきなり近未来的な「STARMAN」。
そして、スリルのカップリングにして、横浜アリーナでの画期的なライブが印象深い「サイバーシティ」。
本キートン機布袋の音楽の幅の広さの対極が楽しめました。
そして、予想外の「ホンキートンキー」!!
これも相変わらずカラオケ状態ですが(BOOWY曲は布袋は歌わないということか)、最後の裏声コーラスには大歓声が!!
「HEY BOY! HEY BOY!」のコーラスは、バンドでコピったときもメチャクチャ楽しかったですが、ライブでやるとこんなに凄いとは。
そっか。ヒムロックライブでも聴いたことの無い曲ですからね、観客側からコーラスを楽しんだのは初めてです。
東京ドームでも期待できます(笑)
そして本編ラストはビックリの「CLIMB」。
ギタリズム1の一曲ですが、リリース当初の代々木&大阪ライブでしか登場してないはずのこの曲。
確かに布袋らしいビートの利いた名曲ですが、ライブ慣れしてないこの曲をラストに持ってくるのが、天邪鬼の布袋らしい。
でも、場数踏んでけばいいライブの定番曲になりそうな予感も。今更ですかねぇ。


●COMPLEX~BOOWY~HOTEI
E1.恋をとめないで
E2.Dreamin'
E3.RADIO!RADIO!RADIO!
E4.FLY INTO YOUR DREAM


武道館のアンコールと同様、バンド時代&ソロ曲でアンコールを〆ました。
あんときは「BE MY BABY」「Dreamin'」「GUITARHYTHM」でしたが、今回はこれできましたか!
「恋とめ」前には7月の東京ドームにも軽く触れ、「これから聴く機会も増えるでしょうね」というMCもあり。
もちろん例のフレーズは「金曜の夜さ 連れ出してあげる~」に変わってました(笑)
「RADIO!」はここ数年聞いてなかった気がするので久々。意外にサビのリフレインは疲れるんだよね(笑)
ラストの「FLY」はまぁいつもの流れか。


==

色々と苦言を呈した箇所もありましたが、ライブの構成としては非常に楽しめました。
本当にいい音響環境で聞きたかったなぁ。

さて、7月のCOMPLEX東京ドームを挟み、秋には全国ツアーも始まるようです。
位置付け的にはアニバーサリーライブ第三弾ということで、30年のキャリアを一気に振り返るのかな。
90年代に比べるとヒットには恵まれなくなりましたが、バラエティ豊かな00年代の曲達、
久々に聞ける曲もあるかと思うので、楽しみです。

オマケ
ツアーパンフは90年代のパチパチ等のインタビューを再録した冊子と、布袋モデルを始めとする各種のギターについて布袋がコメントしているDVDのセット。
これは買い!でしたね。
もっとギターをプレイしてる場面が多ければ尚良かったですが、ギター好きにはたまらん内容でした。
http://www.hotei.com/info/pop_110422/index.html
panph2_photo.jpg

nice!(0)  コメント(30) 

HOTEI Live Record [BOOWY(Live)]

GUITARYHTHM ACTIVE TOUR 
 1992.01.10 名古屋センチュリーホール
GUITARYHTHM SERIOUS? TOUR
 1994.07.19 大阪厚生年金会館
GUITARYHTHM SERIOUS! CLIMAX TOUR
 1994.11.21 大阪城ホール
 1994.11.22 大阪城ホール
King & Queen TOUR
 1996.09.10 大阪フェスティバルホール
SPACE COWBOY TOUR
 1996.11.18  大阪城ホール
SUPERSONIC GENERATION TOUR
 1998.06.04 日本武道館
GREATEST HITS TOUR
 1999.09.23 横浜アリーナ
 1999.10.01 日本武道館
fetish TOUR
 2001.02.04 横浜アリーナ
SCORPIO RISING TOUR
 2002.09.20 大宮ソニックシティ
 2002.09.30 名古屋センチュリーホール
 2002.11.11 渋谷AX
 2002.11.21 神奈川県民ホール
DOBERMAN TOUR
 2003.10.14 渋谷AX
 2003.10.31 日本武道館
 2004.02.28 横浜アリーナ
MONSTER DRIVE BIG PARTY
 2005.09.02 さいたまスーパーアリーナ
25th Aniversary ALL TIME SUPER BEST TOUR
 2006.02.26 東京厚生年金会館
 2006.05.27 ハーモニーホール座間
SUPER SOUL SESSIONS
 2007.01.21 日本武道館
FUNKY&PUNKY TOUR
 2007.10.29 東京厚生年金会館
 2007.11.30 神奈川県民ホール
GUITARHYTHM V TOUR
 2009.06.06 神奈川県民ホール
ROCK A GO! GO! TOUR
 2010.01.31 Zepp Osaka
MONTHLY Live
 2010.10.31 LIQUIDROOM
30th ANNIVERSARY 第一弾 HOTEI THE ANTHOLOGY ”創世記”
BEGINNING FROM ENDLESS ~BOOWY COMPLEX GUITARHYTHM~

 2011.02.01 日本武道館
30th ANNIVERSARY 第二弾 HOTEI THE ANTHOLOGY "威風堂々"
TONIGHT I'M YOURS! ~GUITARHYTHM GREATEST HITS & REQUEST~

 2011.05.20 代々木第一体育館

(2011/5/20現在 通算28回)
nice!(0)  コメント(25) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。