So-net無料ブログ作成
検索選択
サッカー ブログトップ
前の5件 | -

【W杯】23人の戦士達 [サッカー]

残念でした。
じりじりとした緊張感のある試合、
90分+30分があっという間でした。
0-0のこの展開は予想できたことでしたが、
PK戦で勝てるイメージも無かったです。

某駅某所のバーで仲間みんなで観戦しました。
憲剛のW杯初登場では大歓声!
最後のPK戦では仲間みんなで肩を組んで祈りを送ったのですが…

23人が発表された5月10日、
岡田監督以下、23人を信じて応援しようと決心しました。
韓国戦でかなり萎えそうになりましたが、
選手起用や戦術はとりあえず置いておいて、
とにかく本戦では心から応援しようと。
カメルーン戦からの3試合、手に汗握る緊張感は
やはり4年に1回のワールドカップならではでした。

23人のサムライ達は、またこれからそれぞれのステージに戻っていきます。
日本全国の様々なクラブで、
そしてフランス・ロシア・ドイツ・イタリアで。
新しい4年間の始まりです。
まずはひとまず心と体を休め、
リフレッシュして新たな戦いに挑んでもらいたいものです。
本当にいいチームでした。

この23人の戦いにシビれた日本の皆さん、
南アフリカまで行かなくても、
電車を乗り継げば、彼らのプレイを見ることができます。
7月14日から再会するJリーグに是非足を運んでみてください!

01.JPG
GK1 楢崎正剛 1976.04.15 187cm 80kg 名古屋グランパス

02.JPG
MF2 阿部勇樹 1981.09.06 177cm 77kg 浦和レッズ

03.JPG
DF3 駒野友一 1981.07.25 172cm 76kg ジュビロ磐田

04.JPG
DF4 田中マルクス闘莉王 1981.04.24 185cm 82kg 名古屋グランパス

05.JPG
DF5 長友佑都 1986.09.12 170cm 68kg FC東京

06.JPG
DF6 内田篤人 1988.03.27 176cm 62kg 鹿島アントラーズ

07.JPG
MF7 遠藤保仁 1980.01.28 178cm 75kg ガンバ大阪

08.JPG
MF8 松井大輔 1981.05.11 175cm 64kg グルノーブル(フランス)

09.JPG
FW9 岡崎慎司 1986.04.16 174cm 76kg 清水エスパルス

10-1.JPG
MF10 中村俊輔 1978.06.24 178cm 70kg 横浜F・マリノス

11.JPG
FW11 玉田圭司 1980.04.11 173cm 67kg 名古屋グランパス

12-1.JPG
FW12 矢野貴章 1984.04.05 185cm 76kg アルビレックス新潟

13.JPG
DF13 岩政大樹 1982.01.30 187cm 85kg 鹿島アントラーズ

14.JPG
MF14 中村憲剛 1980.10.31 175cm 67kg 川崎フロンターレ

15.JPG
DF15 今野泰幸 1983.01.25 178cm 73kg FC東京

16.JPG
FW16 大久保嘉人 1982.06.09 170cm 73kg ヴィッセル神戸

17.JPG
MF17 長谷部誠 1984.01.18 177cm 66kg ボルフスブルク(ドイツ)

18.JPG
MF18 本田圭佑 1986.06.13 182cm 76kg CSKAモスクワ(ロシア)

19.JPG
FW19 森本貴幸 1988.05.07 180cm 75kg カターニア(イタリア)

20.JPG
MF20 稲本潤一 1979.09.18 181cm 75kg 川崎フロンターレ

21-2.JPG
GK21 川島永嗣 1983.03.20 185cm 80kg 川崎フロンターレ

22.JPG
DF22 中澤佑二 1978.02.25 187cm 78kg 横浜F・マリノス

23.JPG
GK23 川口能活 1975.08.15 180cm 77kg ジュビロ磐田


※07~10年のフロンターレの試合のショットから抜粋
※海外組は代表の試合のショットで。
※所属は2010年5月現在。

P.S.
岡ちゃん、いや、岡田監督。
お疲れ様でした。
色々大変だったと思います。
まずはゆっくり休んでください。
そして、またいつか、日本サッカーのために力を貸してください。

nice!(0)  コメント(8) 

【W杯】グループリーグ突破! [サッカー]

やりました!日本代表!!

思い起こせばアジア予選を突破した1年前から、
岡田監督率いる日本代表には期待感が全然持てませんでした。
突破直後の消化試合のカタール戦から始まったふがいない戦いの数々。
印象深い試合は4-3で逆転勝利した9月のガーナ戦くらいでしょうか。
選手起用の硬直さ、得点力不足、守備陣の軽率なミス。
いくら楽観的な人でもグループリーグ突破を予想していた人は1割にも満たなかったでしょうね。
あの2月のアジア選手権、極寒の味スタで格下中国に引き分けた試合、
現地にいた僕は言いようの無い絶望感を感じていました。

が、5月10日に代表23人が選考されてからは、
「もうこの23人で戦うしかないんだ」
「選手選考や戦術に文句はあっても、本戦ではちゃんと応援しよう」
と思い改めました。
世界中の国からたった32ヶ国のみに参加が許された、サッカーのお祭り。
自国のチームを心から応援できる幸せをしっかり噛み締めようと。
識者の中には「勝てるわけが無い」「将来のためにも3連敗するべきだ」なんて
知った顔で語った人たちがいましたが、
本当にこの人たちはサッカーが好きなのかなぁと疑問を感じずには得られない、
というか、かわいそうな人たちだなぁと感じていました。

==

そして始まった本戦。

虎の子の1点を泥臭い守備で守り切ったカメルーン戦。

GK川島、セーブミスもあったものの決定的ピンチを2回防ぎ
なんとか最少失点で食い止め、
最終戦に有利な条件を持ち越せた意味ある敗戦、オランダ戦。

そして夜明けの日本に歓喜をもたらしたデンマーク戦。
世界レベルの本田のFK、一方Jで見慣れた遠藤のFK。
守備陣も気持ちが入ってました。
中澤・闘莉王の奮闘ぶりはグループリーグ3戦通してMVP級でしょう。

大黒柱俊輔・内田不振という中、相手との力関係を見極め
現実的な戦術に舵を切った岡田監督。
守備的なサッカーはつまらない、という声も聞きますが、
何よりも結果が重視されるW杯で日本の力量を見極めた現実的な戦術は
見事としか言いようがありません。
デンマーク戦の後のこのコメントにシビれました。

「我々には、他のチームにない力がある。
 サポート陣を含めた27人が一つになれる。
 サッカーがチームスポーツであることを証明できた」

そしてGK川島。
1ヶ月前、彼の顔と名前を知っていた日本人はいったい何人いたことでしょう。
僕のブログの川島特集記事もすっごい数のアクセス数(汗)。
通常記事の4倍以上です。
W杯中断明け、川島見たさで等々力に客が押し寄せるのではないかと
今から心配です(笑)。
http://bluemagazine2.blog.so-net.ne.jp/2010-06-01


川崎の宝、中村憲剛がいまだ出番が無いのが、
フロンターレサポ的には唯一の心配事項ではありますが…

==

お次は、ベスト16。パラグアイ戦。
8年前のトルコ戦、雨の宮城の悔しさを晴らすときがようやくやってきました。

パラグアイ。
サッカーをあまり見ない方には馴染みの無い国かもしれませんが、
南米ではブラジル・アルゼンチンに次ぐ強豪国です。
日本のA代表は親善試合でしか当たったことがないはずです。
(あれ?99年、ゲスト参加したコパアメリカ大会で当たってたっけ?)。

記憶に新しいのは2004年のアテネオリンピック、
グループリーグの初戦でパラグアイと対戦しています。
ミスから先制され、追いかける展開の中で3-4での敗戦。
思えばシドニー五輪・日韓W杯での躍進後、
世界大会での苦戦を強いられるきっかけとなった試合とも言えるかもしれません。
※ちなみにこの大会、パラグアイは準優勝です。

記録を遡ると、今大会の主力選手の多くがその試合に出場しています。
スタメンには闘莉王・阿部・今野・大久保、
途中出場に松井、
そしてベンチには駒野。
対戦相手のパラグアイにも何人かアテネ組がいるようです。

さぁ雨の宮城、そしてアテネでの悔しさを晴らす機会がやってきました。

心して応援しましょう!
ガンバレニッポン!!

0522_top.jpg
nice!(0)  コメント(13) 

【W杯】日本代表23人予想→結果 [サッカー]

◎背番号・選手とも正解 13
○背番号のみ違い    6
×外れ         4

ドイツ大会のときは◎18、○3、×2だったから、
結構外してるなぁ。。
外したのは久保→巻、松井→稲本だったから、
それ以外は結構順当だったってことですね。
今回の方が熾烈だったとも言えます。

―――――――――――――
GK
1 ◎楢崎
12 ○川島(→21)
23 ×西川(→23川口

DF
2 ○内田(→6)
3 ◎駒野
4 ◎闘莉王
5 ◎長友
15 ◎今野
22 ◎中澤

MF
6 ○稲本(→20)
7 ◎遠藤
8 ◎松井
10 ◎中村俊
13 ○長谷部(→17)
14 ◎中村憲
17 ○阿部(→2)
18 ×石川(→13岩政)
20 ○本田(→18)
21 ×香川(→16大久保)

FW
9 ◎岡崎
11 ◎玉田
16 ×田中達(→×12矢野)
19 ◎森本
―――――――――――――

守備重視の選出のようで、
石川・田中達といった攻撃のジョーカーの代わりに、
DFの岩政と前線での守備力が効果的な矢野が選ばれました。
まぁ、格上相手ということでしょうがないかな。
Jリーグで好調な香川ではなく、
今年ほとんど結果が出ていない大久保、というのは
アジア予選などの貢献度を加味してのものでしょうか。
まぁあまり予選で活躍した記憶もないんだけどね。

GKは次世代の主力となりうる西川ではなく川口。
この点はドイツのときの反省が見えてナイスな選出だと思います。
あのときは本当にチームがバラバラだったみたいですからね。
何気にチーム最年長の川口は僕と同い年。ガンバレ!

背番号は色々不思議でした。
なんでウッチーは6番かねぇ。鹿島でも2番なのに。
サイドバックっぽくない番号。
阿部も千葉時代の6番のイメージが強い。
2番ってことは岡田構想ではCBなんですかね。
他には、稲本が川崎での背番号20番を選んだのが少々意外、
長谷部は今ドイツで13番ですが、レッズ時代は17番だったっけ?
すっかりレッズ時代も13番だと思ってた
(よくよく考えりゃ鈴木啓太じゃん)。
しっかしこのヴォルフスブルク公式の写真、めちゃカッコいいなぁ~。
http://www.vfl-wolfsburg.de/53886.html


さぁ、明日の韓国戦、
そして渡欧してからのイングランド&コートジボワールとの親善試合を経て、
南アフリカでの本戦です。
選手選考には色々思うことがあるけど、本番が始まれば
「俺たちの」代表です。
4年に1回の世界サッカー祭り、
批判や批評は残り3回の親善試合で出しつくし、
本戦ではしっかり応援するぜ!

フロンターレのユニはしばらくクローゼットにしまいこみ、
明日からは身も心もジャパンブルーだ!
ガンバレニッポン!

0522_top.jpg
nice!(0)  コメント(13) 

【W杯】日本代表23人予想 [サッカー]

ドイツW杯のときもやりましたが、
W杯代表メンバー選出23人(背番号予想つき)です。
http://blue.ap.teacup.com/makoto29/477.html

GK
1 楢崎
12 川島
23 西川

DF
2 内田
3 駒野
4 闘莉王
5 長友
15 今野
22 中澤

MF
6 稲本
7 遠藤
8 松井
10 中村俊
13 長谷部
14 中村憲
17 阿部
18 石川
20 本田
21 香川 ※

FW
9 岡崎
11 玉田 ※
16 田中達 ※
19 森本 ※

※以外の選手はほぼ確定でいいのではないでしょうか。

背番号は選手ごとにほぼ決まってるのを除いて
年功序列(笑)。


それぞれコメントを・・・。

GK
この三人は決まりでしょう。
スタメンはもちろん楢崎。
次のW杯、楢崎がゴールを守ってないとしたら
川島か西川か・・・。そちらに注目です。

DF
結局闘莉王・中澤の控え、内田の控えは見つかりませんでした。
なのでCBは中盤もできる今野・阿部、右SBの控えは左右できる駒野で。
長友も右はできるし、阿部・今野もSB経験あるし。
スタメンの内田・中澤・闘莉王・長友にフルに頑張ってもらいましょう。

MF
ボランチは長谷部・遠藤、控えは稲本。この辺りは鉄板。
2列目は右から俊輔・本田・松井かな。
憲剛・石川は流れを変えるスーパーサブになるでしょうか。
香川のところは岡田監督も悩んでいるでしょう。
大久保もいるし、小笠原もいる。
大久保は・・・Jでも結果を出せてないし、怪我が多くツキが無いのが心配。
小笠原は難しい。キャラ的にも。サブで使って結果出しそうなタイプでも無いし。
でもサプライズがあるとしたらこの枠でしょう。

FW
岡崎1トップは確定。
残り2~3人をどうするか。
玉田・達也・森本の他にも、寿人・コーロキ・平山など候補はいますが。
玉田は怪我が大丈夫であれば文句なし。
森本は将来性を買って。イタリアでの経験も心強い。
田中達也はここ最近のイキイキっぷりを大舞台で見たい。

・・・
大穴は「カズ、三浦カズ」!
もし岡田監督がカズを選べば、代表に漂う停滞した雰囲気を打ち破り
日本国民皆が代表の後押しをするだろうけど。。。
まぁないかなぁ。期待しちゃいますが。

nice!(0)  コメント(17) 

祝:日本代表W杯出場決定! [サッカー]

mixi.JPG
mixiのロゴもお祝いモード!

とりあえずやりました。
が、4年前に比べると僕の中での熱中度があまりにも違い過ぎる。
※4年前→http://blue.ap.teacup.com/makoto29/270.html

予選を勝ち取っても本戦で勝てないと意味が無いことを
前回の大会で思い知ったからでしょう。
また、日常的にサポートするクラブ(川崎フロンターレ)の存在が、
4年の歳月で比べ物にならないくらい大きなものになってしまったのもあるでしょう。

まぁそれでも、まずは喜びましょう。
なにせ、決勝点のアシストは我らが川崎の宝、ケンゴのパスですからね!
(岡崎とケンゴ、ホントに相性いいわ。岡崎、、是非川崎へ・・・)

==

土曜日は布袋のライブ後に飲みに行ってたので
帰宅は試合が後半にさしかかったころ。
途中経過は見ずにHDDレコーダーで追っかけ再生して見ましたが。。
後半はほとんど寝てた(笑)
いくらライブではじけ過ぎ&いい感じにお酒が入った後とはいえ、
代表の試合で寝てしまうとはね・・・
長谷部&岡ちゃんの退場も全く見てません。
気が付いたら、試合終了、むっつりした岡ちゃんがインタビュー受けてました。
うーむ。
来年、きちんと応援できるのかなー。


本日はフロンターレのファン感謝デーに行ってきました。
暑かったー。
等々力のピッチレベルに降りれたし、若手選手にサインを色々もらえたし、
楽しい一日でした。
コチラのブログへどうぞ~
http://bluemagazine2.blog.so-net.ne.jp/2009-06-08
nice!(0)  コメント(27) 
前の5件 | - サッカー ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。